image-from-rawpixel-id-379742-jpeg

朝食と8Kg減量

こんにちは:)

すっかり暖かくなってきましたね~

今日のブログは「朝ごはん」についてシェアします:)

image-from-rawpixel-id-379742-jpeg 

何故朝食という内容を選んだのかというと・・・

これから4月に移るにつれて、部署移動や転勤、社会人生活がスタートし、多くの方の環境がごろっと変わる変化の時期でもありますよね。はたまた、新生活スタートするにあたって今年こそ生活習慣見直しつつダイエットも成功させたいなぁと思う時期だったり…

(私は社会人1年目体調を崩すことが多かったです。というのも健康的な食事を今思えば取っていなかったことが原因だったなと。笑)

 

そこで、何が1番健康にとって、またはダイエットを成功させるうえで重要なのか。そこを考えたとき、やはり私たち人間は口にしたもので構成されている為、「何を摂取するのか」が健康に過ごす上で重要になり、もっと言えば食事管理(食生活)が乱れると体の健康状態もあっけなく乱れます。なので新生活が始まり心も体も忙しくなる前に、この記事を読んだことによって、少~しだけ皆さんの食生活を見つめなおすきっかけになるとうれしいな。と思いトピックとして選びました。

 

朝ごはんがもたらす効果

image-from-rawpixel-id-388781-jpeg

 

まず、そもそも何故「朝ごはん」が重要視されているかご存知ですか?

 

ちょっと思い返してほしいのですが、学生の頃長期休み前に学校から配布される手紙に「休みの日でも朝ごはんは必ず食べよう!」とか書いていませんでしたか?

 

理由はいくつかあるのですが、分かりやすく実際のデータ事実を参考に(体格のよい子供たちを対象にした研究)お話すると、、、

「同じ体型・体力・体重の子供」つまり見た目がほぼ同じであっても「筋肉量が多く体脂肪率は低い子供」と「筋肉量が低く、体脂肪率はやや高い子供」

に分かれるという調査結果が出ていました。

 

なぜこのような結果になったのか。

 

それは「ご飯+汁物+おかず」といったような、バランスのとれた朝ごはんを食べている子と「ご飯やパンのみ」という食事内容の違いでした。

 

この事実から分かることは、

朝ごはんを「食べた」のか「食べていない」のかが重要ではなく

「バランスのいい朝ごはん」

食べたのか食べていないのかが重要だということが一目瞭然ですよね。

 

バランスのいい朝ごはんを取ることの具体的なメリットとして

「体のリズムが整う」

「脳にエネルギーを補給する」

→朝ごはんを食べると、エネルギーがいきわたって体が目を覚まし、動きやすくなり、一日をすっきり元気にスタートできます。また咀嚼することで脳の働きが促され、さらに食べ物を体に取り入れることで胃腸が動き始めることが分かっています。朝ごはんをたべることが体のスイッチの役割となります。

 

「エネルギー不足を防ぐ」

→人間の体は、日中だけでなく夜に寝ている間も基礎代謝を消費しています。そのため、朝目が覚めた時には既にエネルギーが不足している状態なので一日を乗り切るだけの体力がない状態になります。朝食をとらないことで前の日の夕食からの時間が大きく空いてしまいます。食事の間隔が長くなればなるほど、体内のエネルギーが不足した状態での生活も長くなってしまうので、食事を規則正しく摂取することで体内のサイクルを正常に保つことができます。

 

etc…

 

なのでダイエットをしているからといって朝食を抜いてしまうと

かえって「脂肪」が付きやすくなります。

食べない=太らない、低カロリー生活=痩せる

という誤った認識は、自ら太りやすい体質に歩んでいます…

 

朝食を抜くと肥満のリスクが2倍になると言われており、その理由として挙げられるのが、空腹の時間が長くなればなるほど脳が生命に危険を感じてしまい、より脂肪や水分を体内に溜めこむように体内に命令をすることがあるから。

 

ダイエットやボディーメイクを今年こそ成功させたい方!

食事内容を見直してみることが成功の秘訣かも・・・

余談にはなりますが、私の親戚でコーラ大好き(ジュース大好きっ子)がいます。

最近会ったとき、8Kgも減量を成功させていました。(お腹周りびっくりしました)

どうやって体重落としたの?と聞くと「ジュース止めただけ」と。

今までどれだけジュースをのんでいたんや…と突っ込みましたが、

ジュースはそれほどの影響力あるのだと改めて気付かされました。

 

 

ここまでのお話しで「バランス」の取れた食事を意識したくなってきませんか??(笑)

 

 

 

取り入れるべき栄養素

image-from-rawpixel-id-387364-jpeg

 

1つ目、エネルギー源となる炭水化物

→炭水化物は脳はダイエットのために避ける人も多いですが、筋肉を正常に動かす為には必要な栄養素です。朝食で炭水化物を抜いてしまうと、一日のパフォーマンスに大きな影響を及ぼすと言われています。中でも炭水化物に含まれる「ブドウ糖」は体の動きを活発にしてくれる重要な役割を担っているので積極的に取ってほしい栄養素です。何より朝に摂取した炭水化物は1日でほぼ消費されるので安心して下さい(笑)

 

2つ目、生命活動を担うタンパク質

→筋力増加やダイエットにおいて大切な栄養素だということは、多くの方が既にご存知だとおもいます。また、それだけでなく体の代謝に必要な「酵素」を作る役割があります。ダイエットや体調面だけでなく、髪の毛や爪などの美しさを保つ効果もあるので、美容に欠かせない成分です。

 

3つ目、体を保つために必要不可欠なビタミンミネラル

→体の新陳代謝を正常に保つには酵素が必要とされていますが、その酵素が働くためにはビタミン・ミネラルが必要です。ビタミンはエネルギー源ではないが体を健康に保つ役割があり、ミネラルは骨や歯を形成し神経伝達を助ける役割があります。また紫外線ダメージを緩和してくれる効果もあるので、これからの季節重要になる栄養素です。

 

といったような栄養素が朝食では重要となります。

 

 

今日は主に「朝食」のメリットや積極的に摂取したい栄養素についてお話したので次回記事で、具体的な食事内容についてをアップします:)

 

 

 

 

  1. 40代男女①
  2. トレーナー画像②
  3. 豆乳画像②
  4. 令和
  5. LS(201901)
PAGE TOP