meditation

新クラス「瞑想」~Meditation Class~

こんにちは:)

6月より対話型オンライン配信レッスンにて「瞑想クラス」がスタートします(拍手)

それにちなんで、瞑想について少しだけ簡単にお話・説明します♡

 

瞑想とは

meditation

 

大きく言うと意識を1つの対象物(音声や感覚やイメージ)に集中させることです。

・音で言えばSO-HAM(ソー・ハム)と唱える音。

・感覚で言えば自身の呼吸。

・イメージで言えば呼吸の出入りが行われる自分の鼻先を想像する。

 

このように、何か1つ「軸」となる対象を決めその1つに集中します。

(※SO-HAM(ソー・ハム)をしく知りたい方は個別でヨガインストラクターまで()

 

 

瞑想=空っぽ は間違った認識

36854432161_bf993e66ff_o

 

よく「私は瞑想に向いていない・・・」と仰る方に出会います。

そこで、理由を尋ねてみると「雑念ばかりで空っぽにできない」と。

それは私も含め多くの方がおそらく同じです。()

ですが、瞑想=空っぽ は少しばかり誤った認識かなぁと。

これは私の意見・考えになりますが、瞑想は思考を無理に止めようとしたり感情を消したりして心をコントロールすることではなく、生まれては消えゆく思考や感情、、、その流れをどこか一歩自分自身から離れ、まるで客観視しているような中で、集中しながらも観察し見つめることだと思います。

 

まとめると「思考を止める」ということではないと言うことです(笑)

 

「雑念が浮かんでくるから・・・」

「心を空っぽにできないから・・・」

 

むしろそれが普通なのです。() 

 

瞑想中だけに限らずレッスン中、たまに寝ちゃう人もいらっしゃいます。

クラスを持ち始めた頃、戸惑いました。()

起こすべきなのか、このままそっとしておくのか・・・。

なので私の師(先生)に「瞑想中(それ以外でも)寝てしまった生徒さんは起こすべきなのでしょうか」と質問したことがあります。

 

先生の答えは「ノー」。

 

なぜなら決してダメなことではなく瞑想やシャバーサナはリラックス状態に入るものなので「眠る」ということは、副交感神経が優位になり「リラックスができている状態」という証にもなるからと。

 

それを聞いてからは眠ってしまう生徒さんがいても

「リラックスできているんだな~」と心のかなで思いながらそっとしています。

 

なので瞑想に対して難しいイメージは捨てて、リラックスしてください。

ただし、はじめから「寝よう!」という気持ちはNGです()

 

瞑想は〇〇能力を引き出す

 

人間は本来持っている脳の機能の一部分しか使っていないと言われています。

その残りの大部分は瞑想によって活性化することができ、そうすることで

「潜在能力」を引き出すことができると近年研究で明らかになってきました。

 

そういった研究が進んでいる中で、昔から瞑想を取り入れている方々も多いです。

 

例えば、

・アップル創業者のスティーブジョブズ

・マイクロソフト創業者のビルゲイツ

・パナソニック創業者の松下幸之助 

 

スポーツ界では

・イチロー選手

・長谷部誠選手

 

最近ではGoogleFacebookIntelといった

世界的に有名な企業も瞑想を社内のカリキュラムに加え始めています。

 

何故世界的な大手企業が瞑想をカリキュラムに取り入れたのか・・・

私の憶測にはなりますが↓の理由が少なからずあるのでは…と。

 

 

その他に瞑想が近年フォーカスされる理由

 

理由はいくつかありますが、そのうちの1つは私たちが生きている今の時代、非常に多くのものや情報が溢れ、その情報に囲まれながら何気なく過ごしています。

そして何より、仕事ではマルチタスクを常に求められ、それをこなさなければならいのが現状です。

ですが、このマルチタスクが「集中力を奪っている」という事も最近の脳科学のリサーチで明らかになりました。

また、上記のような生活(常に何か考えている状態)が当たり前になることで、交感神経と副交感神経のバランスが知らず知らずのうちに崩れてしまい、オンとオフの切り替えを自分自身でコントロール出来ていないのも事実です。

 

ただ、よほどフリーにストレスを感じることなく不自由せずに生活することは極めて難しいと私は思います。そこで日々の生活のどこかに瞑想を取り入れ、オンとオフを自身でコントロールすることができれば、「ここぞ!」という時(仕事やそれ以外のことでも)に集中力を発揮することが可能になります。

 

何かを発想するにも・造るにも「集中力」は重要です。

 

そんなマルチタスクを求められる「今」だからこそ、瞑想の効果がより注目される要素かなと思います。

 

 

なので、世界的に有名な企業や著名人は仕事のパフォーマンス力を上げる為に(それ以外にも理由があるかもしれませんが)瞑想を生活の中で10分だけでも取り組むのは、そういった理由ではないかなと思います。

 

 

対話型オンラインレッスンが瞑想にとって最適な理由

image-from-rawpixel-id-793678-jpeg(2)

 

瞑想にどういった効果があるのかを知った今、じゃあ早速取り組もう!

っで一体どうするんだろう?何かを参考にしながら取り組む?

にしても、合っているかどうかさえ分からない・・・。かと言ってスタジオに通う?? 

「う~~ん…」となると思います。私ならきっとなります。()

そういった方々でも気軽に始めて頂きたい!瞑想の良さを感じてほしい!

という考えから対話型オンラインレッスンでもメディテーションクラス(瞑想クラス)を取り入れることにしました。

 

1時間ずーーーっと瞑想!

1時間ずーーーっと無言!のレッスンではありません()

前半から中盤にかけてはゆったりと身体を動かし、後半20分程度で呼吸やイメージをインストラクターが必要なタイミングで声掛けしながら実際に瞑想を行います。

 

1人では案外なかなか続けることができない瞑想(あれ?これで合っているのか?と混乱しちゃいがち) はインストラクターがいることでより「集中しやすい環境」になります。

 

また対話型オンラインレッスンは、スタジオではなく「自宅」という「よりリラックスできる場所」で受講できます。これは瞑想にとって最適な環境。なぜなら最初にお話したように「リラックスすることが大切」であり、リラックスすることは日々の仕事モード等の緊張状態から解放されるから。自宅は無意識的に開放状態になりますよね(^^)

 

そんな「最適で集中できる状態」で、一緒に楽しみながら瞑想を始めてみましょう♪

 

メディテーションクラスは「インドヨガ」をベースにスタジオでも指導されているKouhei先生が担当してくれます。優しい話し方や声のトーン・・・集中しやすいし要素の1つです☆

 

是非!これを機に自宅で「瞑想」初めてみませんか??

 

 

伊藤先生3

 

  1. Yoga7
  2. ②眠気
  3. photo-1446511437394-36cdff3ae1b3
  4. ペアフィットネス
PAGE TOP