ダイエットに成功しない人の部屋の特徴4つ

なんだか毎回ダイエットが成功しない…という方、もしかしたら、部屋が原因かもしれません。


ダイエットに成功しない人の部屋の特徴4つ(Photo by Africa Studio/Fotolia)【モデルプレス】

実は、痩せている人と太っている人、両者の部屋を比べてみると明らかに違う点がいくつもあるんです。そこで判明した部屋と体重の驚きの関係をまとめてみましたので、ダイエットに興味のある方は是非、ご一読ください。

◆常に散らかっている

部屋の中=頭の中の状態。いつも部屋が片付いていないというのは、頭の中も同様にグチャグチャであるということ。頭の中が理路整然としていれば、今やるべきこと・そうじゃないことに対する処理がすぐにできるので、ダイエットにも成功しやすくなります。試しに散らかった部屋を一度綺麗に片づけてみてください。なぜだか頭もスッキリして、次すべきことにすぐに取りかかれるようになります。部屋の乱れは自己管理の乱れだと思い、常に綺麗な状態をキープできるようにしておきましょう。

◆手の届く位置に食べ物が置いてある

「楽して痩せる方法ないかな~」なんて言いながらスナック菓子をボリボリ…。こんなんじゃ、痩せられるわけないですよね。まず、目につくところに食べ物を置く行為は“ダイエットはもう諦めています”と宣言しているようなもの。それに、1人でいる時に食べてしまうと、食欲はさほどないのに、ついダラダラ食べ続けてしまうので、部屋に食べ物を持ちこむのは禁物です。食べ物を見るのは食事の時のみと決めて、食後は歯磨きをして食べ物のことは忘れるようにしましょう。部屋に食べ物を置く代わりに食欲減退効果のあるグレープフルーツや、ペパーミントの香りのアロマを焚くと、気分がリセットされ、ダイエットにも効果を発揮してくれるようになりますよ。

◆部屋自体が狭い

これは間取りの問題になってしまうのですが、部屋が狭いのもダイエットに失敗しやすくなってしまう原因の1つ。まず、部屋自体が狭いと基本的な運動量が少なくなってしまうので、代謝が悪化。そして、いざストレッチやダイエットに効く運動を試みようとも、部屋が狭すぎるため思うように体を動かすこともままならず、結局は挫折してしまいます。こういう理由がいくつか重なると「もう面倒臭い」となり、結果痩せれないという悪循環になってしまうことに。

しかし、引っ越しするにはそれなりのお金がかかるので、部屋で体を動かせない場合は、ジムのような設備の整った場所に運動をしに行くのが無難です。お金を払ってダイエットに励むと、その分頑張れるので成果も出やすくなるかも。また、物が多いということも部屋を狭くしている原因かもしれません。今、周りにある物は本当に必要なのかを考えてみて、断捨離をすると、思った以上に部屋が広いことに気づくでしょう。

◆部屋の大部分がベッドやソファー

部屋で横になりながら過ごす時間はまさに至福のひと時。その分、ベッドやソファーにはお金をかけている方も多いかと思います。けれど、部屋の大部分がベッドやソファーだと、常にそこでダラダラ過ごす癖がついてしまい、気がつけば痩せにくい体質へとなってしまいます。休息を取る分には問題ありませんが、だらけてしまうのは考えもの。ベッドやソファーにいながらでもできるストレッチをしたり、休息以外はなるべく使わないようにするなどして、動かない生活から回避するよう心がけるとよいですね。

いかがでしょうか?

これらの項目に該当した方は要注意。よく部屋の状態を見直して、自己管理に甘えはないかを、定期的に確認してみてくださいね。(modelpress編集部)

  1. b42f23c0e6b183773cc52ebe6e5b167d-300x200
  2. 梅雨
  3. 20181117

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP